ヒールプレートを取り付ける

ペダルカバーとフットレストを取り付けた勢いで、ヒールプレートも取り付ける。

フロアマットは純正のゴム製。純正なのでぴったりフィットしていてよいのだが、長年使っていると踵が当たる部分がヘタってくるらしい。ヒールトゥーとかできないので心配ないかもしれないが、ゴムのフワっとした感触もイヤなのである。

ヒールプレートはいろいろな汎用品があるが、構造が簡単なので自作している方も多い。自作も考えたが、ペダルカバーとフットレストはモンスタースポーツにしたので、揃えることにした。

そうと決まれば早速購入。フロアマットを外してきて位置合わせしてみる。

フロアマットで位置合わせ

画像の位置で、ちょうどアクセルとブレーキの下にくるくらい。位置を決めたら革用ポンチで穴を開けてボルト止め。

ボルト止めできたらフロアマットを設置。ペダルカバー・フットレストと一体感があっていい感じ。
運転席はだいぶいい感じになってきた。

試運転してみると、踵をしっかりサポートしてくれていい感じ。雨の日は少し滑る感じはあるが、支障がでるほどではない。山などで泥が付いたら目詰まりしそうである。

これでまた、ちょっと運転が楽しくなった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA