トランスファーノブを交換する

納車されてすぐ、シフトノブを交換したのだが、トランスファーノブは交換していなかった。シフトノブ・ペダル類・ヒールプレートと、すべてモンスタースポーツだったので、どうせならトランスファーノブもモンスポにしたかったのだが、モンスポのトランスファーノブは販売されていなかったからだ。

それほど使わないし、そのうち発売されたら交換しようかなと思っていたが、1年経った2020年6月現在、発売されていない。ちょうどそのとき、誕生日が近づいていて「何が欲しい?」と聞かれたので、HB1stのトランスファーノブをリクエスト。メーカーは違うけど、材質はシフトノブと同じだし統一感がなくなることはなさそう。

まず純正ノブのプレート(シフトパターンが書いてある部分)を取り外す。画像は取り外した後だが、赤丸の部分を強く押して上側にずらせば外れる。

プレートを外すと固定ネジが見えるので、アーレンキーで外す。ネジを外したらノブを引き抜ける。

ノブを抜いた状態。シフトノブ交換より簡単!
左が純正、右が新しいノブのシフトパターン。純正のほうがわかりやすい。
ボルト穴の位置で比べると、新しいノブは4cmほど高くなる。シフト操作に支障がでることはなかった。
新しいノブを差し込んでボルトでとめれば交換完了。所要時間10~15分ほど。
運転席まわりで入れたかったパーツは全部入れた。満足満足。

見た目の違和感もなく、もっと早く交換しておけばよかった。これでシフトまわりが統一されていい感じ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA