新型ジムニー試乗 しかし・・・

巷で噂の新型ジムニーに試乗してきた。

ご存じのとおり、約20年ぶりとなるフルモデルチェンジが行われたスズキのジムニー。ファンの期待を裏切らない本格オフローダーとして生まれ変わった。

まず、似たようなクルマばっかりのこのご時世に、これだけ尖がったコンパクト・オフローダーを出してきたスズキの関係者に拍手を送りたい。

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

私自身も、ジムニーがフルモデルチェンジするという情報は随分前から知っていたが、正直まったく期待していなかった。どうせ、丸っこい今風のSUVになるんだろうな、と。ところがどっこい、発表されたジムニーを見ると、古き良きクロカン車を彷彿とさせるデザイン。

これは素晴らしいとカタログを取り寄せてみると、伝統のラダーフレームやリジットサスを継承し、そのうえで新しい技術を取り入れるという正にファンが望んでいた(であろう)スペックである。

これはゼヒ試乗してみたい。早速、最寄のスズキアリーナで試乗させてもらうことにした。試乗車はジムニーのAT、最高グレードのXC、キネティックイエローとブラックのツートンカラーである。

若干緊張しつつ、運転席に座る。頭上には余裕があり、狭さは感じない。ドアミラーを調整し、セレクトレバーをドライブにいれ、発進させる。ディーラーの人が同乗してくれているのだが、営業担当が忙しく、代打の事務の人らしい。

「どういうコースを走りたいですか?」
「土地勘がないので、お任せします。」
「私もあまり道を知らないんですよね~ とりあえず山のほうに行ってみましょう」
「ハイ・・・」

若干不安を感じつつ、上りの道を走らせる。大人3名(妻と私、事務の人)乗っていると発進時にもっさり感があるが、さすがに仕方ないだろう。ターボが効いてくるまではガマン。MTならもう少しキビキビ走りそうな気はする。

もっと長時間運転してみないとわからないが、第一印象はとても運転しやすいクルマだった。気分よくどんどん上っていく。ずいぶん走ったような気がするが、事務の人は何も言わない。

「まだ上っていくんですか?」
「あ、そろそろ戻りましょうか。左に曲がってください! あれ? この道違うかな? とりあえず下っていきましょう!」
「(迷ってますやん・・・)」

まさか、試乗中に道に迷うとは思わなかったが、無事ディーラーに帰ってきた。試乗を終えた時点で心は決まっていた。写真撮影や商品テストで山に行くのだが、今はクルマがないのでスーパーカブで行っている。当然、冬は寒く夏は暑い。カブはいいバイクだが、山道を走り回るにはパワー不足は否めない。このジムニーがあれば、あんなところやこんなところにも楽に行けるぞ・・・ もしハンコを持ってきていたらその場で押していただろうが、持ってきていない。今日のところは見積もりをもらって帰るとしよう。

とりあえずテーブルに案内され、コーヒーを頂く。営業の人からアレコレと説明を受けるが、こちとらカタログその他で予習済みだ。それよりもすでに半年待ちだという納期が気になる。

「それで、今から注文したら納車はいつになりますか?」
「申し訳ございませんが・・・ 少なくても1年待ちになります」
「えっっっ!?」

スズキのこだわりは大当たりだったようで、発売当初から注文が殺到、なんと今から注文しても納車は1年待ちだという。軽自動車で1年待ちなんてありえないが、これほど高評価とはスズキも予想していなかったのだろう。しかも、2019年の8月、というように納期が決まるわけではなく、1年後くらいとしかわからないらしい。納車が決まったら、連絡がくるそうだ。

営業さんの話によると、スズキはジムニー(とシエラ)の増産を決めているらしい。ただ、増産するには一旦生産ラインをストップする必要があるらしく、次にラインを止めるには年末とのこと。つまり、増産はするものの、現時点で1年待ちの人は少なくとも年内はムリということだ。

これは本当に残念だが、納期を短縮するために無理をして品質が落ちるようなことがあっては困る(そんなことはないだろうが)。もう納期は諦めるので、ここはひとつ、じっくりと私のジムニー(まだ注文してないが)を作り上げていただきたいものだ。

スポンサーリンク

「新型ジムニー試乗 しかし・・・」への3件のフィードバック

  1. ブログ記事に無関係ですが、そちらの公式ホームページからお問い合わせ画面で問い合わせ内容を送信することができません。
    現在、問い合わせは受け付けていないのですか?

    1. ショップサイト(https://mtnman.jp)では、お問い合わせを受け付けております。
      こちらで確認しましたところ、お問い合わせ画面を使用できましたが、
      もしお客様の環境でご利用できないようでしたら、
      「order@mtnman.jp」までメールをお送りください。
      よろしくお願い致します。

    2. ついさきほどの質問、自己解決しましたのでお知らせします。
      当方が使用しているブラウザでは「私はロボットではありません」のボタンが表示されず、送信ボタンがクリックできないのが原因でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA