ルーフボックスを取り付ける

ジムニーは、本格オフローダーであるがゆえに、居住性・収納については他のクルマに遅れをとっている。

後部シートを倒せばそれなりの荷物を積めるが、3名以上乗車するとほとんど車内の収納スペースはなくなる。我が家は3人家族のため、少しでも収納スペースを確保したかった。

となると、屋根に積むしかない。幸い、純正ルーフレールを装備しているので、ルーフキャリアかルーフボックスを載せれば収納を増やせる。

いろいろな種類のものがあって悩むが、使い勝手を考えるとルーフボックスがよさそうだ。自作しようかとも思ったが、走行中にバラバラに四散しても困る。

ふとリス興業という会社の作業ボックスが目についた。工具を入れるための道具箱だが、非常に丈夫で経年劣化にも強いらしい。ちょうど良さそうなサイズがあったので、購入してみた。

取り付けは、ルーフレールに合わせて本体に穴を開け、U字型のステーでボルト止めした。
実用性あふれる道具箱の表示。

ホームセンターで揃えたU字ステーで固定したが、しっかり固定できたので高速でも問題なさそうだ。それほど荷物が入るわけではないのだが、汚れたキャンプ道具でも気兼ねなく放り込んでおけるだろう。

ボディカラーともマッチ

空気抵抗は激しそうだが、そんなにスピード出せないので大丈夫だろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA